« 0028  156のエクステリア~その18 (155との比較 2) | トップページ | 0030  156のエクステリア~その20 (155との比較 4) »

2007年5月15日 (火)

0029  156のエクステリア~その19 (155との比較 3)

156_front_overhang 反面、156の美点はフロントシート周りにあります。
155ではストレートハンドに近かったステアリングポジションは足元に余裕が出来たことで改善されましたし、なだらかにボンネットから流れるフロントウインドーは空力的に有利なだけでなくスピード感のある視界を演出しており、ローポジションのシートは寝かせ気味の運転姿勢を採っても操作に破綻を来たしません。
主として55mmの延長分はこれらと車高に均等分配され、リアシートの居住性には貢献しなかったと思われます。
ちなみに居住性で言えば4シーターと+2シーターの中間を想像してもらえれば間違いないですね(^^)

トランクルームに目を移せば、最初見て思い出したのはシトロエンのエグザンティアのトランク造形。
156も高さを抑えかなり早めに切り落とされています。
短めのリアオーバーハングが後半を視覚的に軽く見せ、同時に従来の弱点のひとつリア周りの慣性も軽減されたであろうことが想像できます。
ただリアとの比較においてフロントオーバーハングは少々長め、恐らくこれ以上長ければかなりバランスは悪いものになったでしょう。
個人的にはあと30~40mm縮めて欲しかったように思います。


写真 【ボディ比で長めの156フロントオーバーハング】

  

|

« 0028  156のエクステリア~その18 (155との比較 2) | トップページ | 0030  156のエクステリア~その20 (155との比較 4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/224574/7383008

この記事へのトラックバック一覧です: 0029  156のエクステリア~その19 (155との比較 3):

« 0028  156のエクステリア~その18 (155との比較 2) | トップページ | 0030  156のエクステリア~その20 (155との比較 4) »