« 0035  156のエクステリア~その25 (フェイスリフト③) | トップページ | お願い(155搭載16Vツインスパークの性能曲線) »

2007年5月31日 (木)

0036  156のエクステリア~その26 (総括)

156_sketch_rear 156のエクステリアについては、どうしてもそのギミックに注目が集まりがちですが、ルーフやボンネット、ドア、フェンダー、ピラー、トランクからドアミラーに至るまで、車を構成する基本的なラインが綺麗にまとまらなければ、デザインはどこかで破綻を来たしてしまいます。
実はアールや面の作り込みが巧みであるからこそ、156のデザインは評価されるとKawは思います。

デザイン現場では図面の他、微妙なニュアンスのやり取りが頻繁に行われるそうです。
『あの○×△車のフェンダーの中央付近の曲線』とか『こう・・・・・これくらいのボリューム感で』などなど。
その意思は一種の伝言ゲームのように伝わり、最終的に原寸モデルとして具体化されます。
156のデザインは、まさにダ・シルヴァを始めとするアルファデザイナーの技量とチームワークが実を結んだ結果と言え、その後ジウジアーロによるリデザインと継承されました。

少なくとも156を検討するとき、このデザインがマイナスに働くことはまず無いでしょう。
156のスタイルが、これまでアルファに見向きもしなかった人をもその世界に引き込んだことは、欧州での大ヒットを見れば容易に想像がつきますねv(^^)v

ちなみに写真はラフ段階リアパートのスケッチです。
まだドアミラーは角型、リアバンパーもボディーサイドからのラインがセリ上がるように繋がる様子が伺え、アグレッシブなテールランプも印象的です。


写真 【後方のラフスケッチ】

|

« 0035  156のエクステリア~その25 (フェイスリフト③) | トップページ | お願い(155搭載16Vツインスパークの性能曲線) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/224574/6829866

この記事へのトラックバック一覧です: 0036  156のエクステリア~その26 (総括):

« 0035  156のエクステリア~その25 (フェイスリフト③) | トップページ | お願い(155搭載16Vツインスパークの性能曲線) »