« 0012  156のエクステリア~その2 (視覚効果) | トップページ | 0014  156のエクステリア~その4 (フロント部) »

2007年4月 3日 (火)

0013  156のエクステリア~その3 (イメージ)

156はスタイリッシュな車です。
僕は156に初めて対面したとき『獲物を狙って低く身構える蛇』をイメージしました。
形式としては4ドアセダンながら、その流麗なボディーデザインと各所に散りばめられたギミックにより、まるでスポーツクーペのような美しいフォルムを達成しています。
それは155のネガティブ要因を消すなどという消極的なものではなく、まさに新生アルファ製ベルリーナ(セダン)を創造しようという意気込み以外の何物でもありません。

前モデルの155に比べるとコンセプトは、『低く』、『短く』、『ワイド』。
場合によっては実用性よりデザイン優先の箇所さえ見られます。Rear_view_3
数多くのカロッツェリアがひしめく美術の国イタリア、そこに育ったメーカーならではの確信犯的デザインなのです。

これが僅か全長4.5mにも満たない寸法の中で完結していることに驚きを覚えます。


写真 【156 後方から】
  
  

|

« 0012  156のエクステリア~その2 (視覚効果) | トップページ | 0014  156のエクステリア~その4 (フロント部) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/224574/5365739

この記事へのトラックバック一覧です: 0013  156のエクステリア~その3 (イメージ):

» フィアットパンダでドライブしたいな! [興味津々]
欧州コンパクトカー大好き人間の私ですが、気になるのはフランス車だけじゃない、ってことで(笑)。フランス車の次に気になっているのはフィアット。しかもパンダです!プントもいいけど、やっぱりパンダかなという感じです。フィアット・パンダの何が気に... [続きを読む]

受信: 2007年2月22日 (木) 22時30分

« 0012  156のエクステリア~その2 (視覚効果) | トップページ | 0014  156のエクステリア~その4 (フロント部) »